ヴィーガンこそタンパク質が大切【ブイクックデリで簡単に摂れます】

ヴィーガンとは、肉・魚・卵・乳製品など動物性食材を全く摂らない食生活のこと。


そのため、ヴィーガン生活を始めると必ず心配されるのが「タンパク質ってどうするの?」ということです。


でも、ヴィーガンだからといってタンパク質不足で体調不良に…...と心配する必要はありません。


そこで、ブイクックの管理栄養士が、ヴィーガンが摂取しておきたいタンパク質についてご紹介していきます。



ヴィーガンとタンパク質


ヴィーガン食生活を送る上で、「植物性食材で一日のタンパク質量を摂取するにはどのくらいの量を食べる必要があるのか」考えてみましょう。


1日のタンパク質の必要量はおおよそ体重×1.0gを目指します。例えば50kgの女性の場合、1日のタンパク質必要量は50gとなります。


植物性食材でタンパク質といえば、以下がおすすめです。


・大豆製品(大豆、豆腐、納豆、テンペなど)

・レンズ豆

・ひよこ豆などの豆製品

・ニュートリショナルイースト

・穀類(玄米、キヌアなど)


タンパク質50gを摂取するためには、納豆1パックあたりタンパク質量は6gとなるので、8〜9パック食べる必要があります。


ただし、一種類の食材に偏るのではなく、まんべんなく三食に分けて食べることが大切です。



ブイクックデリ×タンパク質について


ブイクックデリでは、ほとんどのメニューにタンパク質が11.5g以上含まれています。

多いものだと16gほど摂取できるので、1日必要量の1/3を補えます。

またヴィーガン料理のため、野菜に含まれるビタミンや食物繊維も気軽に摂ることができます。


そのメニューも豊富で


・黒酢豚(大豆ミート)

・スパニッシュオムレツ(大豆、ひよこ豆、枝豆)

・ハンバーグ(大豆、ひよこ豆)

・生姜焼き(大豆ミート)

・ロールキャベツ(大豆、エンドウ豆、米)


と、全て植物性食材で作られています。


何を食べたらいいか分からず、おにぎりやサラダ、うどんなどの食生活を送っていた人も、ブイクックデリを取り入れることで、タンパク質を簡単に補うことができます。



ブイクックデリとは?


ブイクックデリとは、ヴィーガン惣菜の定期宅配サービスです。


「ヴィーガン生活を実践したいけど何を食べたらいいか分からない」

「近くにヴィーガン対応のお店がない」

「毎日食事を準備するのが負担で続かない」

といったお悩みを解決するソリューションの一つとして、ブイクックデリを提案します。


なんといっても冷凍でお届けするので、ご自宅にヴィーガン惣菜を常備し、いつでも簡単に毎日の食事に取り入れることができます。


タンパク質や食物繊維といった栄養バランスも揃っているので、食生活がみ乱れがちな方にもおすすめなサービス です。


また、受注生産方式でフードロスを削減、容器も紙を使用することで環境に配慮した宅配サービスの仕組みを目指しています。


ヴィーガン生活を楽しむためにもブイクックデリでヘルシーな毎日を過ごしませんか?